誰でもできるお金の増やし方!継続的に安定した収入が得られるおすすめの副業

2018/06/15

資産形成

人が生きていくために必要なお金は、どのくらいでしょうか?
ご自身の生活だけではなく、パートナーやお子さんの生活を支えなければなりません。また、病気やケガで仕事を続けられなくなった場合のことも考えなければなりません。人生を楽しむための旅行や、趣味のことなども考えると、お金はある方がいいですね。

お金を増やすための方法とは?

銀行口座や財布にお金があるということは、「どこかからそのお金が入ってきた」ということです。そして、生活費や教育費などの形でお金を支払うと、預金残高や財布のお金は減ります。数式で表すと「収入-支出=手元に残るお金」です。

 

●収入を増やす

今よりも多くの収入を得ることができれば、手元にお金が残りやすくなります。

 

・現在得ている収入を増やす方法

受け取るお給料を増やすには、昇進して役職手当などを得られるようになる、インセンティブを得るなどの方法があります。

 

・昇進

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、係長級、課長級、部長級と昇進していくに伴い、賃金も40.1万円、52.6万円、65.5万円と上昇しています(平成29年の数値、男性の場合)

 

・キャリアアップ

専門知識や能力を身につけることで、資格手当を受け取ることができたり、業務量を多くこなせるようになったりして、収入が増える可能性があります。

 

・インセンティブなど

会社側が決めたノルマを達成することができた場合など、給料とは別にインセンティブが支払われる制度を採用している企業もあります。

 

・若いうちはなかなか難しい

「賃金構造基本統計調査」では、係長級の平均年齢は44.8歳、課長級は48.2歳、部長級は52.2歳となっていますので(平成29年の数値)、若いうちに昇進するケースは少ないと考えられます。

 

・年収がいきなり上がることが少ない

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、25歳~29歳の平均給与は351万円、30歳~34歳で403万円、35歳~39歳で433万円です(平成28年の数値)。29歳の人が10年働いて39歳になったとき82万円お給料が上がるというペースであることが分かります。逆に言えば、急激に年収が上がる可能性が少ないとも考えられます。

 

●支出を減らす

 

お給料や事業収入としてお財布に入ってきたお金は、家賃や食費、娯楽費といった形でお財布から出ていきます。出ていくお金が少なくなれば、財布にはたくさんのお金が残ることになります。

 

・節約で自分が自由にできるお金を増やす

支出は「消費、投資、浪費」に分けられます。消費とは、欲求(食欲など)を満たすために払ったお金のことを指し、投資とは「今お金を払うことが、未来にリターンが得られる」と見込むことができる支出を指します。そして、浪費とは、無駄使いと言われるもので「お金を払ったが無駄だった」と感じられる支出です。

 

・無駄な支出を減らす

消費や投資を減らすと、私たちの生活や人生によくない影響が出てきますが、浪費を減らしたとしても、生活に支障はありません。できるだけ無駄な支出を減らしましょう。

 

・お金の使い方を見直す

お金の使い方を見直すために、これから1か月から3か月、買い物をしたらレシートを必ず受け取り、持ち帰るようにしましょう。1か月分が貯まったら、「食費」「娯楽費」「服飾費」「家賃」「通信費」など分類してみましょう。

レシートを分類することで「生活に必要な支出」「払わなくてもよい支出」が見えてきます。具体的にどの項目にお金をかけすぎているのかが分かるのです。

 

・浪費癖の改善

商品やサービスを購入する前、財布を取り出す前に「本当に必要なものか?」「なくても困らないものではないか?」を考える習慣をつけましょう。一呼吸おいて考えるだけでも、無駄な支出をする回数が減るでしょう。

 

●副業で稼ぐ

・他の手段で収入を稼ぐ

サラリーマンやOLとして働いている人は、ご自身の努力だけで給料を上昇させることができません。そこで、副業を持つことで、収入の入口を増やすという考え方をしてみましょう。

 

・本業の年収アップが難しい

すでに触れたように、サラリーマンやOLの方の年収は「10年働いて82万円アップする」というペースです。

 

・普段から節約している

すでに無駄遣いを減らす工夫をしている人には、「支出を減らす」の項で説明した方法だけでは、お金が増える効果があまり期待できません。

 

・副業には様々な手段がある

副業の手段を大きく2つに分けると「自らが働き、給料や報酬を得る方法」「自らが資金を投じ、一定期間後にリターン(配当金や収益など)を得る方法」があります。

 

・投資

株式投資や投資信託など配当や分配金を得られる商品に投資する方法や、有益と思われる事業に資金を投資し、事業から得られた収益を回収するという方法があります。

 

・自分のスキルを活用した副業など

バイトやパートなどで、自分の持つスキルを活かして収入を得る方法、セミナー講師やライターなど自分のスキルを人に伝えて収益を上げる方法などがあります。

 

・社会人の場合は、必ず会社の就業規定をチェック

現在お勤めの会社の就業規則を確認し「副業禁止」「競業禁止規定」などをチェックしましょう。

 

・会社がどのように定めているか

会社側としては、「本業に支障が出ては困る」という考えから、副業を禁止としているケースがあります。公務員の方は国家公務員法などで副業禁止と定められています。

たとえば、副業に熱中しすぎた社員が、遅刻や欠勤を繰り返すようになったり、自社の社員が副業で競合他社の仕事を請け負ったことがトラブルにつながったりするような事態を、会社側としては避けたいと考えるのです。

 

・どこまでが副業の範囲か

「本業以外で収入を得ている仕事は副業である」と広く考えられています。

いっぽうで「副収入」という言葉もあるのですが、これは「本業以外で得られた収入の全て」を指す言葉であり、少しニュアンスが違います。たとえば生活用品をネットオークションやリサイクルショップで売る習慣がある人がいます。この場合は「副業とは言えないけれど、収入が得られる」という場合もあるので、副収入と副業は少し異なる言葉です。

 

支出を減らす方法

 

支出を減らそうとしても、「ご飯を食べずに食費を0円にする」というわけにはいきませんし、「友人を失ってもいいから、交際費を一切使わない」という人生も味気ないものです。支出は必ずしもいけないことではなく、収支のバランスを考え、適正な配分で支出していけば人生が充実します。無理なく支出を減らすための方法をご紹介します。

 

●銀行口座は3つ用意する

具体的には「収入」「支出」「貯蓄」の役割を担う口座を使い分けるようにします。

 

・給与振込み口座

毎月の給与の振り込みに使う

会社側から「○○銀行□□支店に口座を開いてほしい」と求められる場合もあります。この口座を「収入を管理するための口座」と決めます。

 

・支出用の口座

出費をこの口座から出していく

家賃や生活に必要なお金を「今月はこのくらい」と見積もり、支出予定金額をこの口座に移します。

 

・家賃

毎月の家賃に加えて、契約更新の際にかかる更新料なども、この口座に準備しておきましょう。住宅ローンを支払っている場合は、繰上返済の予定額やご自宅のリフォーム費用の積立も行いましょう。

 

・保険料

生命保険や火災保険、地震保険など加入している保険の保険料をこの口座に準備します。

 

・生活費など

食費や娯楽費、被服費、水道光熱費など、生活にかかる費用はこの口座から引き出すようにします。クレジットカードを利用して支払えば、支払日が1日にまとめられるので、管理しやすくなるという人もいるでしょう。

 

・貯蓄用の口座

この口座からは引き出すことは基本的にせず、「入金のみ」の口座となります。

・毎月の給与の中から一定の額を貯金に回す

「収入-実際に使うお金=貯蓄」という考えを少し変えて「収入-貯蓄=使ってもよいお金」としましょう。先に「貯蓄」の部分を収入から差し引いて、この口座に移します。

 

・年収の大体10%程度

具体的には「年収の10%を貯蓄に回す」という考えが、無理なく生活できると言われています。

 

・給与を振り込まれ次第、すぐに移す

給与が振り込まれたら、まずは貯蓄に回す金額を決定し、貯蓄用口座に振り込みます。

 

・後回しはだめ

「明日でいいか」「明後日でいいか」と一日のばしにするのは止めましょう。

 

・月の後半にお金を使いすぎて、貯金できなくなる

「貯蓄にいくら回すか」を決めないで、お金を使っていると、貯金ができなくなります。

 

・お金の引き出しは厳禁

この口座から、お金を引き出すことは厳禁です。

もしも「どうしても赤字になってしまい、貯蓄用口座からお金を引き出してしまう」ならば、月初に貯蓄に回す金額を下げて入金し、無理のない収入と貯蓄のバランスを考えなおしましょう。そして、「この口座からはお金を引き出さない」を徹底しましょう。

 

・旅行など目標の額を決めて貯金するのがいい

「貯蓄したい」と思っても、なぜか挫折してしまう。そのことの原因に「貯蓄する目標があいまいだから」ということが考えられます。旅行や自動車の買い替え、理想の家にリフォームすることなど、目標と目標額を決めて貯金をしましょう。

 

●アプリや家計簿で家計管理

家計を改善したい、もっとお金を増やしたいと思っても、「なぜ、お金が貯まらないのか」を把握しなければ、収支のバランスが改善できません。まずは便利なアプリや家計簿を使って、現在の収支の状態を確認しましょう。

 

・収入

収入の合計額に加えて、固定的な数値と変動する可能性がある数値についても、把握できるといいでしょう。

 

・毎月の給与の額

給与明細書は保管しておくとよいでしょう。

 

・その他の収入

副業による収入や、生活用品をネットオークションやリサイクルショップで売却したお金、懸賞で当選したお金、株やFXで投資して得られたリターンなどがあります。

 

・副業など

副業などで得られた収入は、所得税の課税対象となる場合もあります。また、経費がかかっているならそれを差し引くことが確定申告の際に必要かもしれませんので、「預金口座などに入金された金額=自由に使っていい金額」かどうかは、注意しましょう。

・支出

クレジットカードや電子マネーなど、支払い手段が多様化しているので、記憶や財布の残高だけに頼っていると、支出の総額を把握することができず、家計簿やアプリで記録することが、管理のために重要です。

一般的に、月々の支出額が決まっている固定費は、契約を変更することなどで将来にわたって支出を抑えることができます。

 

・毎月の生活費

食費や日用品費など、日々の細かい買い物に使うお金です。支払いのたびに節約を意識するのはストレスになりやすく、節約できる金額も少ないです。

・家賃

銀行から自動引き落としとなっている人も多いでしょう。

 

・通信費

固定電話、スマートフォンや携帯電話の代金、インターネット接続料金など、契約を安いものに変えると継続して節約ができます。

 

・光熱費

基本料金と、使った分量に応じて支払う料金があります。

 

∟交際費

季節による変動も大きく、歓送迎会、帰省、同窓会、結婚式などの季節のために、お金を準備しておくのもよい方法です。

 

・服飾費

「どこまでお金をかけてよいか」を把握しておくことで、使いすぎを防ぐことができます。

 

・その他出費

「その他」という項目があまり高額になったときは要注意です。ご自身の収支を把握しきれず、何に使ったか分からないお金が増えてしまっているのかもしれません。

 

・無駄遣いしている項目

後から何に使ったか思い出せないお金とは、すなわち「使わなくても生活に支障がなかった」というお金であることも多いのです。お金の使い方に対する意識を変えましょう。

 

・アプリに口座を登録するだけで、お金の流れが管理できる

スマホアプリの中には、銀行口座やクレジットカードの明細を読み込み、自動的に分類するという便利な機能を持つものもあります。

 

・収入から支出まで一元的に管理

銀行口座やクレジットカードなど支払いの手段が多様化している中でも、アプリを使うことでお金の流れが一目で分かるようになります。自分で1つ1つを記入する手間も省くことができます。

 

・銀行やクレジットカードなどのデータと自動的に連携

銀行口座やクレジットカードの利用明細に書き込まれた文字などをもとに、支出が「食費」「交通費」「日用品費」などのうち、どれにあたるのかを判別し、分類してくれます。

 

収入アップできるおすすめの副業

 

収入を増やすためには、副業に取り組むのも1つの方法です。誰でも手軽に始められる副業から、身につけた技術やスキルを活かして稼ぐ副業、手持ちのお金や資産を活かして稼ぐ副業まで、様々なものがあります。

 

●アフィリエイトなどのネットビジネスで報酬を得る

パソコンやスマートフォンで、Webサイトやブログを作ることができる人なら、誰でも始めることができるのがアフィリエイトです。

 

・自分のサイトやブログで企業の商品を紹介・PR

企業が「この商品を紹介してください」「もしもあなたのサイトやブログを通して、商品が売れたら報酬をお支払いしますよ」とASPサイトでアピールしています。アフィリエイターは数ある商品の中から紹介したしものを選び、自分のサイトやブログで紹介します。

 

・ユーザーが購入に至った場合に報酬がもらえる

アフィリエイターのサイトやブログを見て商品を購入した場合、企業からアフィリエイターに報酬が支払われます。

 

・初期費用はかからない

アフィリエイトのメリットについて、改めて確認しておきましょう。

 

・PC1台があればできる

アフィリエイターになるための費用はかかりません。ネット環境がすでにあるなら、誰でも始めることができます。

 

・無料ブログの利用など

商品を紹介するためのブログなどは、商用利用O.K.の無料サービスが利用できます。無料でWebサイトを開設できるスペースもありますので、規約を確認した上で利用しましょう。

 

・インターネット環境

アフィリエイトはインターネット環境がある場所なら、どこでも作業ができます。

 

・自宅や外出先でもどこでも作業できる

Webサイトやブログの更新は、ノートパソコンやスマホアプリなどを使って、どこでも行うことができます。

 

・空き時間に作業ができる

外出先での待ち合わせや、カフェでほっと一息ついているときなど、空き時間にマメに作業を続けると、アフィリエイトで得られる報酬もアップします。

 

・成果に見合った報酬

商品が売れるよう工夫を重ね、販売数が伸びれば、それだけ報酬も得られます。

 

・商品が売れれば売れるほど収入が増える

商品が1つ売れるごとに「販売価格の5%」「1個あたり○○円」という形で報酬を受け取ることができます。

 

・収入に上限がない

商品が売れれば売れるほど報酬も伸びていきます。

 

・初めに仕組みを作っておけば、その後も継続して収入が得られる

商品を販売するためのサイトやブログは、いったん完成すれば自動的に商品を売り続けてくれる「営業マン」です。本業に取り組んでいる間、寝ている間も商品を売ることができるのです。

 

・開設して初めの頃は収入はない

どんなサイトやブログも、開設後しばらくは閲覧者がいません。検索エンジンのインデックスに掲載され、検索結果に表示されるようになるまで、少し時間もかかります。そのため、サイトやブログの開設直後、収入が得られない時期もあきらめずに乗り切る必要があります。

 

・SEO対策などでサイトを育てる

たとえ収入が得られない間も、検索エンジンで上位に表示されるよう、サイトやブログを育てておくことが、後に大きな収入を得られることにつながります。

 

・ある程度のアクセス数が獲得できればOK

サイトのアクセス数が伸びれば、商品に魅力を感じ、購入したいと思う人も増えていきます。

 

・経費もほとんどかからない

アフィリエイトにかかる経費は、インターネットの接続料金などに限られ、経費はほとんどかかりません。

 

・自分で商品やサービスを持つ必要はない

小売業を営む場合は、商品の仕入れ代金がかかりますが、アフィリエイトは商品の広告宣伝を行うだけなので、商品を仕入れる必要がありません。

 

・ただ商品・サービスを紹介するだけ

気に入った商品を選んで紹介することができ、商品数は好きなだけ増やすことができます。

 

・仕入れや在庫管理は不要

倉庫などの施設も必要なく、在庫管理のための人件費なども必要ありません。

 

●クラウドワークスで自分の好きなことを仕事にする

「好きなことを仕事にしたい」「持っているスキルを使って、副収入を得たい」と思っても、「誰にスキルを買ってもらえるのか?」が分からず戸惑っている人も多いものです。クラウドワークスを利用すれば「スキルを買いたい人」との出会いが期待できます。

 

・インターネット上で個人や企業が仕事の受発注を行う仕組みのこと

「仕事を発注したい」と考える企業と、「スキルを活かした仕事をしたい」という個人、双方のニーズをマッチングし、契約や支払いまで行う仕組みを持つのが「クラウドワークス」です。

 

・群衆(crowd)

クラウドには群衆という意味があります。

 

・業務委託(sourcing)

不特定多数の人に向けて仕事を発注できる仕組みをクラウドソーシングという言葉で表現します。

 

・企業と個人が結びつき、それぞれのニーズにあった仕事の受発注が可能

多くの企業が発注している案件の中から、自分のスキルやニーズにあった仕事を選んで受注することができます。

 

・スキル・得意分野の仕事で収入を得られる

企業が発注している仕事の内容は多岐にわたるので、ご自身の持つスキルや得意分野を活かして、収入が得られます。

 

・マッチングサイトでの仕事探しがメジャー

 

・業務を外注したい企業

「外注したい」と思っても、企業にとって大変なのは「人探し」。業務を請け負ってくれる人を探し出すことは、簡単ではありません。だからこそ、マッチングサイトでの人探しが便利なのです。

 

・仕事を受けたい人

「仕事をしたい」と思っても、依頼してくれる企業がなかなか見つからない人も多いもの。マッチングサイトを利用すれば、営業にかける労力を大幅に削ることができます。

 

・クラウドワークス上での主な仕事の種類

クラウドワークスでは様々な仕事が見つかります。

 

・Web関係

インターネット上で仕事が完結する案件がほとんどです。

 

・HP・LP作成

新規のページを作成する作業から、既存ページの修正作業まで様々な案件があります。

・アプリ・サーバー開発

スマートフォンで使えるアプリの制作業務やサイト構築などの業務があります。

・Webデザインの作成

スマートフォンで閲覧することを前提としたWebデザインの作成案件などが紹介されています。

・ライティング関係

文章を書くことが仕事になります。

・コピーライティング

企業が商品を紹介するためのコピー文を執筆する仕事です。商品の売れ行きにも影響する重要な仕事です。

・文章作成

発注企業側が指定するテーマに沿って文章を作成します。文字数や文章構成まで細かく指定される案件や、受注者が構成案から考える案件まで多様なものがあります。

・書きおこし

音声や動画などのデータをもとに、文章を書きおこす作業です。

・事務作業

給与計算や秘書業務、経理や会計など専門性の高い作業から一般事務まで、様々な案件が紹介されています。

 

・データ入力など

企業運営の上で必要な様々なデータを、指定された形式で入力する作業です。

クラウドワークスの利用には様々なメリットがあります。

・自分の趣味やスキルを活かした仕事ができる

Web制作をはじめとする自分の趣味や、すでに持っているスキルが仕事と収入につながります。

 

・専門性やスキルの向上

本業で専門分野としている能力をさらに磨くことができますし、スキルもさらに磨き上げることができます。

 

・受注しやすい

「この仕事をしてくれる人を探している!」という企業と出会える場がクラウドワークスなので、仕事を探している人にとっても受注がしやすいです。

 

・隙間時間にお小遣い稼ぎ

これまではネットサーフィンをしてしまっていた帰宅後の時間や、のんびり過ごしていた休日を、お小遣い稼ぎにあてることができます。

 

・空いている時間にできる

10分、20分といった時間の作業を積み上げていくと、やがては1時間、2時間分の作業ができあがります。

 

・場所と時間を選ばない

パソコンがあれば、いつでもどこでも仕事ができます。

 

・勤務時間に縛りがない

いつ、どこで作業をしてもかまいませんので、勤務時間に縛られることがありません。

・学歴はは必要ない

・学歴や特別な資格がなくてもできる

学歴や資格がなくても、受注できる仕事がクラウドワークスにでは紹介されています。

・どんなスキルを持っているかがポイント

学歴や資格よりも、「どんなことができるのか?」が受注時には大きなポイントとなります。

 

●不動産投資

ワンルームマンションやアパートなどの経営、駐車場経営など様々な形の不動産投資には、様々なメリットがあります。

 

・安定した収入が毎月得られる

不動産投資のリターンは、毎月の安定した収入です。

 

・家賃収入を毎月得られる

アパートやマンション、テナントなどの家賃を毎月受け取ることができます。

・∟アパートやマンションの大家として収入を得る

アパートやマンションに入居した人から、家賃を受け取ります。

 

・入居者は数年間のスパンで契約

契約の更新は、2年から数年おきという形にすることがほとんどです

 

・その間は毎月家賃が入る

契約の更新までは、安定して家賃を受け取ることができるでしょう。

 

・金額が変動しない

契約した家賃は、契約更新時まで変動することがありません。

 

・家賃の額は毎月一定

一定額の家賃が得られる分、収支の計算もしやすくなります。

 

・株式投資やFXなどに金融商品に比べて、リスクが少ない

株式投資やFXは、投資した金額よりもマイナスになってしまうことがありますが、家賃収入についてはそのようなリスクは少ないです。

 

・企業の業績・市場の動きで暴落するリスク

株式は企業の業績に対応して、暴落する可能性があります。また、FXは市場の値動きによっては投資した通貨の価値が暴落することもあります。

 

・儲かっても翌日には紙くずになってしまうこともある

値上がりした株式や通貨は、価値が下落することもあり、特に株式はその企業が倒産すれば紙くず同然の価値にしかならない場合もあるのです。

 

・資産形成だけではなく、自助年金にもなる

公的年金だけでは、老後の生活に必要な資金が、十分には得られないと言われる時代です。老後に一定の家賃収入が得られる仕組みを作っておけば安心です。

 

・老後の生活費

統計局「家計調査」によると、二人以上の世帯の消費支出は289,703円です(2018年1月の数値)。このほかに、税金や社会保険料の支払いをしなければなりません。

 

・年金代わり

老後の生活を支える年金のような存在として、家賃収入が得られる仕組みは心強いものです。

 

・物件も自分が住める

不動産投資のための物件に自分が住むこともでき、逆に自分が住むための物件を賃貸に出すといった方法も考えられるため、ライフプランにあわせた選択ができます。

 

・運用に手間がかからない

不動産投資は、いったん仕組みを作ってしまうと、毎日しなければならない作業はありません。株式投資やFXに比べると運用に手間がかかりません。

 

・必要な資格も特にない

特別な資格がなくても、信頼できる不動産会社とともに事業を行っていくことで、成功する投資ができます。

 

・運営する上で必要な資格はない

不動産販売業を営む場合には宅地建物取引士などの資格が必要となりますが、賃貸物件の管理業務だけを行う場合には、特別な資格は必要ありません。

 

・不動産投資で必要な知識は身につける必要がある

不動産投資に限りませんが、投資を行うには「勝つ」ための知識が必要となります。

 

・管理業務は不動産管理会社が代行

アパートやマンションの管理業務は、不動産管理会社に委託することができます。

 

・物件の清掃・契約業務・クレーム対応など

アパートやマンションの入居者が快適に過ごすことができ、長く住み続けてくれることが賃貸経営の成功につながります。

 

・管理会社が代行

物件の清掃やクレーム対応、そして入退去時の契約業務などは、管理会社に代行してもらうことができます。

 

・面倒な作業は全部やってくれる

本業がある人には、物件の管理作業を代行してくれる管理会社の存在が便利です。

 

・サラリーマン・OLでも気軽に始められる

特別な資格が必要なく、管理会社とパートナーシップを結んで事業を行うことができるので、サラリーマンやOLにも取り組みやすい投資です。

 

・本業をやりながら片手間でできる

入退去者との契約や、物件の管理を管理会社に委託できます。

・普段は本業に集中して取り組める

本業の間は、不動産投資の心配をする必要がありません。

 

・支障がない

管理会社に任せてしまえる点が、株式投資やFXなどと大きく違う点であり、生活に支障が出ることがありません。

 

・会社員であれば、融資も通りやすい

アパートやマンションを建築するには、多額の資金がかかります。金融機関はアパートローンや不動産投資ローンという名称のローンを用意しています。

 

・金融機関の審査に通りやすい

金融機関は、融資をしても大丈夫かどうか審査をした上で、融資を実行します。

 

・一定の収入を得ている

会社員で安定した給与収入がある場合は、金融機関の審査を通過しやすいのです。

 

・ローンなどの活用もできる

手持ちの資金だけでアパートやマンションを建築できない場合はローンを利用することができます。

 

・不動産投資ローン

物件の建築にかかる費用、あるいは物件の購入にかかる費用の7~8割はローンを利用することができます。

 

・費用が少額で済む

建築・購入にかかる費用の2割~3割を用意するだけで、不動産投資を始めることもできるのです。

 

まとめ

私たちが、自由に使うことができるお金を増やす。そのための方法は、「収入を増やす」「支出を減らす」「手持ちのお金を投資する」などに分けることができます。本業の収入を増やす、副業を行う、不動産投資をするなどの方法で、入ってくるお金を増やすこと、そして生活費などの支出を減らす工夫をして、貯蓄ができるようになるのです。自由に使うことができるお金を増やすために、できることから始めましょう。

PAGE TOP