大阪発のバブル崩壊を危惧 バブル崩壊したら中国人が都心の一等地を狙う可能性|ニフティニュース

2021/02/22

業界ニュース ,
大阪、ついに不動産バブル崩壊

不動産バブル崩壊によって一流企業が軒並みパニックに陥る恐怖のシナリオが報じられた大阪の経済を支えてきたインバウンドがほぼゼロになり、バブル崩壊が危惧されているバブル崩壊したら中国人など外国資本が都心の一等地を狙う可能性があるという

出展:大阪発のバブル崩壊を危惧 バブル崩壊したら中国人が都心の一等地を狙う可能性|ニフティニュース | ニフティニュース
続きを読む

記事の要点

  • 大阪のキタとミナミの一部で近年急拡大していたインバウンド需要が地価を押し上げてきたが、コロナ不況によりそれがほぼゼロになったため不動産バブル崩壊が囁かれている。
  • 今の東京・大阪の不動産バブルが崩壊すれば都心の不動産価格は下がる可能性があるが、外国人、とりわけ中国人の土地購入意欲が高いため現状下がっていない。
  • 業績悪化で虎の子の不動産を売りたい企業や赤坂や池袋あたりの飲食店の入るビルが売りに出された場合、それらを買うのも中国人投資家だが、東京では外国人が買い支えることで大幅な地価下落は起きにくいと想定される。

インターネットユーザーの声

「中国人が都心の一等地狙いか」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告業績悪化で虎の子の不動産を売りたい企業は山ほど 中国資本が安く仕入れる 東京も中国人に買われるんですねBy 匿名ユーザー

じぇぴりー最近、面白いのは『中国人専門の不動産仲介、賃貸業』が増えてきた事。まだまだ増えるだろうね 仕方ない、貧乏人の日本人が貧乏になる選択を継続した結果だからねBy じぇぴりー(公式)

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP