NY株、一時590ドル超安 米中摩擦の激化嫌気(写真=ロイター)

2019/05/16

業界ニュース ,

【ニューヨーク=宮本岳則】13日の米国株式市場では、ダウ工業株30種平均が大幅反落で始まり、下げ幅は一時、前週末比590ドルを超えた。先週の米中貿易協議が平行線に終わり、13日の取引開始前には中国政

出展:NY株、一時590ドル超安 米中摩擦の激化嫌気(写真=ロイター) | 日本経済新聞 電子版
続きを読む

記事の要点

  • 13日の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が大幅反落で始まり、下げ幅は一時前週末比700ドル超え
  • 米中貿易協議が並行性に終わり、中国政府が報復関税の実施を発表した影響
  • 米国の新たな関税措置の公表も控えており、投資家はリスク回避の姿勢が強まっている
  • 外国為替市場では円買いが膨らみ、円は対ドルで一時109円05銭前後と円高・ドル安水準を付けた

インターネットユーザーの声

こういうニュースを見ると金融投資は、資産家が遊び金で長期投資する手法が一番儲かるような気がします。 少なくとも「これから成り上がるための投資」ではない。 私は当面は、コツコツ不動産投資に生きます。 NY株、一時500ドル安米中摩擦の激化嫌気

記事へのコメント

問題を報告米中貿易摩擦の影響を考えたら、こうなりますよね。中国も報復関税の実施を発表して折れる気がなさそうだし、当面は米中貿易摩擦が激化しそう。そうなれば、リスクを回避したい投資家としては自然な流れ。米国の新たな関税措置も気になるし、株安傾向は続くのかな。これが日本を含む世界に飛び火しそうで怖いですね。再び世界的な不況にならなければいいのですが、ちょっと不安です。米中貿易摩擦がどんな帰結を迎えるのか注目です。By 匿名ユーザー

問題を報告米国株式市場で反落するのは致し方ないでしょう。米中貿易摩擦が激しくなれば、関連する株が下がってしまう。このまま米中貿易摩擦が続くと景気後退の要因になりかねないのが怖い。こうやって、政治的な動きに影響されやすい金融投資はリスクがありますね。逆に政治的な動向をしっかり掴めば、儲けることができると捉えることができます。しかし、他にも株価が変動する要因はあるので、そんなに簡単ではないですけどね。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する

PAGE TOP