人気は本物か コロナ下で取引増の郊外中古戸建て: 日本経済新聞

2020/12/29

業界ニュース ,
中古戸建て人気は本物か

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、テレワークが広がり、郊外の一戸建てが売れているという話をよく聞きます。実際、筆者もリモートによる打ち合わせが増加し、自宅勤務の頻度が高まっています。

出展:人気は本物か コロナ下で取引増の郊外中古戸建て: 日本経済新聞 | 日本経済新聞
続きを読む

記事の要点

  • 20年4月以降、郊外エリアの戸建ての取引件数の割合が23.8%と2.8ポイント上昇、中古マンションに関しては23区は31.4%から30.1%に、郊外エリアは43.1%から41.8%にシェアを落としている。
  • 郊外の中古戸建ての平均成約単価は今年4月以降やや下落している一方、23区の中古マンションの成約単価は上昇しており、23区のマンションはまだまだ需要が高い可能性があるよう。
  • 郊外の中古戸建てニーズは高まっているとはいうものの、依然として23区の中古マンションの勢いには及ばない状況。

記事へのコメント

問題を報告あ~あ、結局みんな同じことを考えるんだな…… もう買い時ではなくなってしまったBy 匿名ユーザー

じぇぴりー結局、都心も郊外も売れてるってことでいいの?By じぇぴりー(公式)

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP