元祖シリーズ第18弾!唐揚げの元祖って知ってますか??

三笠会館の唐揚げ1

 

日本の唐揚げの消費量は年間220億個!!
すごいですよね~。
まさに日本のソウルフードといっても過言ではないでしょう。

お弁当にお昼におやつに、夜食に。
どんなシーンでも邪魔になる事のない完璧なごちそうです。

 

唐揚げをレストランで初めて提供した「三笠会館」

この唐揚げをレストランで初めて提供したお店があります。

知っている人も多いかも知れませんが、洋食の老舗の名店である「三笠会館」です。
1925年(大正14年)創業の銀座の名店である三笠会館ですが、唐揚げの提供は1932年(昭和7年)からです。

 

▼洋食の老舗の名店「三笠会館」

三笠会館の外観1      三笠会館の外観2

 

当時は鶏肉が流通しておらず牛肉よりも高級だったそう。
物珍しさもあいまってか人気のメニューだったそうです。

イメージにあるいわゆる普通の唐揚げとイメージが違うのは、まず骨付きだということ。
骨ごとぶつ切りにして揚げてあります。
それを焼酎、醤油、ごま油などで下味がしてあるそうです。

三笠会館の唐揚げ2

骨が付いていると肉は縮みが少なくなり肉汁が外に漏れません。
よりジューシーな唐揚げが食べられるという事です。

 

この熱々の唐揚げに、これまた珍しくごま塩とからし、レモンをお好みで付けて食べます。
少なくともゴマ塩とからしをつける唐揚げを私は見たことがありません。
しかし実際に付けてみるとこれがまた良く合います。

三笠会館の唐揚げ3

唐揚げにつける調味料

 

今回ご紹介する「LA VIOLA」

今さら唐揚げなんて珍しくもなんともないとお思いでしょうが、行って食べてみて頂ければわかります。
今まで食べたどの唐揚げとも違いますし、美味しいのなんのって。(ビールが欲しくなります。。。)

ここでしか味わえない特別な唐揚げであり、クセになること間違いなしです。

三笠会館はレストランも今現在しゃぶしゃぶやすき焼き、鉄板焼き、中華料理、和食、イタリアン、バーと全てのニーズに応えられる様にそれぞれを専門とした店舗が同じビルに収まっています。

今回唐揚げを食べてきたのは、1階のレストランの「LA VIOLA」です。

 

▼LA VIOLA

LA VIOLAの外観

LA VIOLAの看板

 

▼ランチメニュー

ランチメニュー表

 

三笠会館伝統のインド風チキンカレー

一緒に名物になっているインドチキンカレーも食べてきました。
こちらも骨付きでチキンのエキスのたっぷり入ったカレーは食べ応え十分。

チキンカレー1

チキンカレー2

口に残る骨が苦手な人にはおすすめしませんが味は抜群。
砂肝も入っていて歯ごたえがアクセントになり美味しかったですよ。

ランチメニューにはパスタやハンバーグもありますのでお好みに合わせて選べます。

 

ランチでは、スープ or サラダ+ドリンクがセットに!

スープ

サラダ

アイスコーヒー

 

デザートもおすすめ

あとは、デザートもおすすめです!

 

▼チーズスフレケーキ

チーズスフレケーキ

▼ティラミス

ティラミス

 

他のフロアも気になるのでいずれお邪魔してみようと心に誓ってお店を跡にしました。

侮るなかれ「三笠会館の元祖唐揚げ」
お店も素敵なので皆さんも銀座の名店にぜひ足を運んでみてくださいね!

 

現在の会社に入社後、設立初期より営業部を統括、本部長を務める。以降融資担当部長、流通事業部では仕入れ先開拓業務に従事、後に管理業務部等を歴任。

現在は自社セミナーを始め、様々な会社との協賛セミナーの講師を務めながら、常に世に発信する立場で不動産業に従事している。

マンション投資の個別相談

PAGE TOP