三菱UFJ、本部人員を半減 営業などに異動

2019/05/04

業界ニュース ,

三菱UFJ銀行は2023年度までに、本部に所属する社員数を半減する方針だ。業務の自動化システムなどを導入し、余裕ができた人員は営業部門や海外の拠点に異動させる。長引く低金利や異業種の参入で事業環境が

出展:三菱UFJ、本部人員を半減 営業などに異動 | 日本経済新聞 電子版
続きを読む

記事の要点

  • 三菱UFJ銀行は2023年度までに本部に所属する社員を半減する方針
  • 業務の自動化システムなどを導入し、余裕ができた人員は営業部門や海外拠点に異動
  • 従来のスタイルでは厳しく、人員配置を最適化することで収益力を高める
  • 三菱UFJ銀行は効率化に向けて改革を進めていく方針だ

記事へのコメント

問題を報告三菱UFJ銀行は業務の自動化システムを導入することで、人員に余裕ができ営業部門や海外の拠点に異動させる予定とのことだ。しかし本音を言えば、リストラしたいんだろうな。人員削減するのが、一番最適化ではあるはず。だが簡単にリストラにはできないから、当面は配置転換という流れになるのではないだろうか。三菱UFJ銀行だけでなく、どの銀行も稼ぐのは厳しい状況だ。金融機関も大変な時代になったものだよね。By 匿名ユーザー

問題を報告本部の人員を半減させることができるほど、業務の自動化システムは優秀なんだね。銀行などの金融業界は、どんどんIT化をしていけば人員の削減ができそう。ただ三菱UFJ銀行の場合、人員削減ではなく異動なんですね。そんなに営業が必要なのか疑問だが、人員配置を最適化できるなら良いことでしょう。これから銀行の新卒採用は、どんどん減っていきそう。銀行のスタイルも時代に合わせて、変化していくのではないでしょうか。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する

監修者

室田雄飛

J.P.Returns株式会社
執行役員 コンサルティング3部 本部長

J.P.RETURNS執行役員。
J.P.RETURNSに入社後、設立初期より営業部を統括、本部長を務める。以降融資担当部長、流通事業部では仕入れ先開拓業務に従事、後に管理業務部等を歴任。数百戸の投資用区分マンションを販売、自身でも6件の不動産を所有、運用している。現在は自社セミナーを始め、様々な会社との協賛セミナーの講師を務めながら、常に世に発信する立場で不動産業に従事している。

【書籍】
日本で最も利回りの低い不動産を持て!
マンション投資2.0

【ブログ】
室田雄飛のモグモグ不動産投資ブログ

PAGE TOP