住友不、中古高級マンション専門の仲介店

2019/07/10

業界ニュース ,

住友不動産グループは東京都心にある中古の高級マンションを専門に扱う仲介店の展開を強化する。都内で6月に3店舗を開設したが、7月1日には計5店舗まで拡大する。高級マンションの流通に精通したスタッフを配

出展:住友不、中古高級マンション専門の仲介店 | 日本経済新聞 電子版
続きを読む

記事の要点

  • 住友不動産は東京都心の中古高級マンションを専門に扱う仲介店を強化する
  • 都心の中古高級マンション15万戸を取り扱い平均して7000万円
  • 「住宅を探す際に中古を含めて検討する選択肢の幅が広がってきている」と分析

インターネットユーザーの声

「リアルプラン(三井不動産リアルティの都心不動産専門セクション)のすみふ版ですね。 三井さんはリアルプランのおかげで都心マーケットの読みの精度が高いと聴きますし、これは有効な施策になるでしょうね。 」、「担当者選びで販売実績だと、売り込んだ証明で、売り込むのが上手い証拠なので、客として、押し込まれず、売り込まれず、本質を見極めるには担当者がトリプルクラウンホルダーかどうかを参考にすると良いと思います。 」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告さすが住友不動産だと思います。新築は価格もあがり堅実な人たちは中古マンションを購入して少しでも費用を抑えている人たちも増えていると思います。立地条件の良さもあり中古マンションを購入することに抵抗がなくなっているのもあると思います。中古マンションの価格も上がっているので今が買いどきなのではないかなとも。マンションは住みたいと思える物件と出会えたときこそ買うチャンスです。By 匿名ユーザー

問題を報告住友不動産の担当者はやっぱり売り込みも上手です。大手ならではの安心感もありますし、実力のあるスタッフが多いのは納得です。だからこそ進められるがままにマンションを購入するのではなく、自分で購入する物件をしっかりと検討するべきなのではないかと思います。需要の高いエリアには新築が少なくなっていますので、何を重視するのかによっても変わってくると思います。それにしても平均7000万円はすごいな…。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する

監修者

室田雄飛

J.P.Returns株式会社
執行役員 コンサルティング3部 本部長

J.P.RETURNS執行役員。
J.P.RETURNSに入社後、設立初期より営業部を統括、本部長を務める。以降融資担当部長、流通事業部では仕入れ先開拓業務に従事、後に管理業務部等を歴任。数百戸の投資用区分マンションを販売、自身でも6件の不動産を所有、運用している。現在は自社セミナーを始め、様々な会社との協賛セミナーの講師を務めながら、常に世に発信する立場で不動産業に従事している。

【書籍】
日本で最も利回りの低い不動産を持て!
マンション投資2.0

【ブログ】
室田雄飛のモグモグ不動産投資ブログ

PAGE TOP