南青山の児相が着工 東京・港区|ニフティニュース

2019/09/15

業界ニュース ,

一部の住民から反対の声が上がっていた東京・南青山の児童相談所を含む施設の建設工事が、9月12日から本格的に始まりました。 港区は高級ブランドが立ち並び、都心の一等地として知られる南青山に、虐待を受ける…

出展:南青山の児相が着工 東京・港区|ニフティニュース | ニフティニュース
続きを読む

記事の要点

  • 東京・南青山の児童相談所の麹が本格的に始まる
  • 一部の住民が反発するなど、地域論争の種になっていたなど住民の間で賛否両論になっていた
  • 2020年に建物の上部の建設が始まり、2021年4月に開設予定となっています

インターネットユーザーの声

「不動産屋関連の人が、住民票移してまで、反対したという青山の児相ですね」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告都内の一等地でもある青山に児童相談所ができると、不動産会社としてもその周辺を購入する人が少なくなってしまったり、価格が下る可能性だって考えられます。そのため児相を造ってほしくなかったというのが本音でしょう。商業としてのイメージもあれば実際に住んで日常生活を送っている人もいて、青山という土地がどう変わっていくのか気になります。住民の説得は済んだのでしょうか?By 匿名ユーザー

問題を報告不動産会社の人たちが大反対していた青山の児相建設ですが、やっぱり土地柄のイメージもありますよね。自宅の近くに児相ができると思うとやっぱり不安に思うのが正直なところだと思います。必要な施設だとは思っていても児相のイメージ自体が良くないのもあると思いますよ。丁寧に対応すると言っていたものの、対応はどうなったのか?住民からの不満が大きくならないことを願います。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する

PAGE TOP