住宅ローン「0%」時代到来 減税効果でおつりも

2019/09/16

業界ニュース ,

住宅ローンの金利が一段と低下している。長期の固定金利型でも1%を切る例が珍しくなくなってきた。住宅ローン控除制度により減税を受ければ、利息を払ってもなお、おつりがくる状況さえ生まれている。それでも安

出展:住宅ローン「0%」時代到来 減税効果でおつりも | 日本経済新聞 電子版
続きを読む

記事の要点

  • 住宅ローンの金利が一段と低下し、長期の固定金利型でも1%を切る例が珍しくない
  • 住宅ローン控除制度により減税を受けることで、利益を払ってもおつりがくる状況さえ生まれている
  • 「フラット35」でも条件によって金利が1%を切る例が増えている
  • メリットとリスクを慎重に見比べることが重要

インターネットユーザーの声

「やーやっぱどうみても不動産だろ~。 バリュエーション、超低金利、インフレ、政府の方向性、実需も堅調、供給サイドは減少、実物REITは絶好調、風吹いてると思うけどなぁ。 」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告住宅を購入するには、今がチャンスでしょうね。これだけ金利が低下していれば、利息も少なく済みます。しかも、住宅ローン控除制度による減税を受ければ、おつりがくる状況なのだからビックリです。マイナス金利政策による影響は大きく、不動産投資や不動産ビジネスは成功しやすい状況と言えるでしょう。REITなどの不動産投資も好調であり、この勢いはまだまだ続くことでしょうね。金利や不動産の状況などの様子を見ながら、不動産投資をするべきでしょう。By 匿名ユーザー

問題を報告今の超低金利は、不動産を購入するのにおあつらえ向きですね。住宅ローンもとても低い金利で借りることができます。フラット35も低い金利となっており、これから住宅を建てる人にとっては最高の状況でしょう。また、不動産投資をする人にとってもこの状況はプラスです。低金利で借りやすいため、不動産投資をしやすいと言えるでしょう。しかも、今の政府の方針やREITの状況なども良い状況であり、不動産投資は絶好のチャンスですね。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
リアルリーマン大家さんBLOG

PAGE TOP