マンション価格の国際比較、大阪が上昇率で初の首位

2019/11/29

業界ニュース ,

日本不動産研究所(東京・港)が27日発表した世界主要都市の不動産調査で、10月時点のマンション価格の上昇率が最も大きかったのは大阪だった。前回調査時(2019年4月)と比べ3.3%上がり、初めて首位

出展:マンション価格の国際比較、大阪が上昇率で初の首位 | 日本経済新聞 電子版
続きを読む

記事の要点

  • 日本不動産研究所が27日発表した世界主要都市の不動産調査で、10月時点でマンション価格の上昇率が最大だったのが大阪だった。
  • 大阪は、前回の調査時と比較して3.3%上がって初めて首位となった。
  • 国内外の富裕層らの高価格な物件取得の動きがけん引した。

記事へのコメント

問題を報告大阪のマンション価格が上昇した理由は、今までが低すぎたからだと思います。魅力的な都市である大阪なら、もっと価格が高くてもおかしくありませんでした。しかし、割安だったから、上昇率でトップになったのです。これから、大阪のマンション価格はさらに上がるはずです。万博やIR、リニアの開通など大阪にとってプラスになる事業がめじろ押しです。大阪のマンションを購入するなら、早めがいいかもしれませんね。By 匿名ユーザー

問題を報告マンション価格の上昇率が最も高かった大阪ですが、これからはさらに上昇する可能性が高いと思います。リニア新幹線が開通すれば、駅周辺は開発されて高価なマンションが建設されるはず。また、大阪万博やIRなどがあるため、大阪の土地価格は上昇し、マンション価格にも影響があります。それだけに、これからも大阪のマンション価格は上昇する可能性が高いのです。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
リアルリーマン大家さんBLOG

個別面談・WEB個別面談

個別面談
WEB個別面談


投資をはじめたいと思ったら
まずはお気軽にご相談ください

JPRセミナー

JPRセミナー


資産に関することならどんなことでも
個々人に合わせた
ご相談はこちら

PAGE TOP