「不動産を買っちゃダメ」な土地を見極める方法 | 街・住まい

2020/03/15

業界ニュース ,

昨年10月の台風19号では、東京都世田谷区や神奈川県川崎市などが、大きな水害被害を受けたことで、改めて「どんな場所に住むのが安全か」を考える必要性が高まっている。中でも、近年日本各地で水害が増えているこ…

出展:「不動産を買っちゃダメ」な土地を見極める方法 | 街・住まい | 東洋経済オンライン
続きを読む

記事の要点

  • 台風19号の影響もあり、日本各地で「水害リスク」を伝えるようになっている。2020年1月には水害リスクの説明を重要事項説明として義務化する方針も発表した
  • ハザードマップは1000年に1度想定しうる最雨降雨に引き上げられたものの、都道府県が管理している河川については作成時期の定めがなく自治体によってばらつきがある。ハザードマップの制度や上流ダムの水門などの誤差もある
  • 沼沢地が明示されている例はほぼなく、自分で調べる必要がある。ハザードマップだけでなく「今昔マップ on the web」で過去に何があったかも調べるべき。水災で火災保険が適用される要件は複雑で、補償が受けられないケースもある

記事へのコメント

問題を報告水害は昔からあったものの、あまりにも意識せずに不動産を購入してしまう人が多いなと感じます。購入したいと思っている不動産で、過去にどんな災害があったのか?水害に関しては熟知しておくべきです。先人の知恵ともいいますし、昔から住んでいるからこそわかることって多いのではないでしょうか。人気がある土地だからとか、便利だからとかは関係ないと思いますよ。By 匿名ユーザー

問題を報告ハザードマップについて、知っておくことは必要だけどそれがすべてと考えるのはちょっと違うかなと思います。正直カバーしきれない点はありますよ。住んでいる場所にはどんなリスクがあるのか知っておかないと、自分の命に関わる大きなリスクになります。「今昔マップ on the web」も見たことがありますが、過去の土地を知る上でとても便利でした。一度は見てみておくと安心できるのではないでしょうか。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する

PAGE TOP