米Amazonが低価格住宅 2000億円投資、家賃高騰受け: 日本経済新聞

2021/01/13

業界ニュース ,
amazon

米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムは6日、米国内の本社や拠点の周辺地域に20億ドル(約2060億円)を投じ、中低所得者向けの低価格帯の住宅を建設すると発表した。

出展:米Amazonが低価格住宅 2000億円投資、家賃高騰受け: 日本経済新聞 | 日本経済新聞
続きを読む

記事の要点

  • アマゾン等巨大IT企業の高賃金労働者の流入は地域の家賃上昇を招き、家賃高騰等の弊害をもたらしているという批判が強まっている。
  • 高賃金のアマゾン社員の増加に伴う地域の家賃高騰や住宅不足に対応、5年間で少なくとも2万戸の住居を提供する計画。
  • グーグル親会社のアルファベットやフェイスブック、アップルはすでに手ごろな価格の住宅整備に乗り出している。

インターネットユーザーの声

「Amazonが住宅不動産マーケットにも参入ですか。 もう衣・食・住・医療の全てを面で抑えて、絶対負けない体制に猛進ですね。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告Amazonが拠点エリアの従業員向け住宅を建設。 土地から入るのかわからんが、確実に勝つ不動産開発。 高い確率でこれらの住宅にはAmazonエコーが入るし、エコー経由での住宅内Iotコントロールが実現する。By 匿名ユーザー

じぇぴりーアーリントン地域のアパートの平均月額賃料は2010~19年の間に1789ドルから2262ドルに26%上昇したBy じぇぴりー(公式)

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP