武蔵小杉のタワーマンション、台風前の相場で売却はほぼ不可能という現実 – (1/8)|ニフティニュース

2021/01/13

業界ニュース ,
武蔵小杉のタワーマンション

2019年10月の台風19号で、川崎市武蔵小杉のタワーマンションは大きな被害を受けた相談に来た男性はかなり深刻な様子で「台風前のような価格で売りたい」と話した筆者は男性に「台風前の相場で売却することはほぼ不可能」と伝えた

出展:武蔵小杉のタワーマンション、台風前の相場で売却はほぼ不可能という現実 - (1/8)|ニフティニュース | ニフティニュース
続きを読む

記事の要点

  • 2019年10月の台風19号で、内水氾濫で電気室が冠水し電力が供給できなくなったことで「トイレが使えないタワマン」として全国的に有名となった川崎市・武蔵小杉のタワーマンション。
  • 売却相談に来た30代男性は、新築分譲時よりも15%ほど値上がりした水準で築7年でおよそ5年前に購入。数少ない売却の成約事例は台風前より1割程度は下落している。
  • 離婚協議中の妻と35年のペアローンを組み、「台風前の値段で売ってほしい」と要求されているが、無理して買ったタワーマンションの問題にうまい答えは見つからない。

インターネットユーザーの声

「武蔵小杉のひ弱な下水処理能力を無視し税金獲得しか考えず大量のタワーマンションに建築許可を下ろし誘致しまくり、結果、下水逆流を誘発させて武蔵小杉の不動産に打撃を与えた責任は川崎市にあります。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告高級車に乗る気持ちと似てるかと思います。高級車と一緒でメンテナンスにもお金がかかるし諸経費もそれなりにかかります。 これをまず理解しないとタワーマンションには住んではいけません。By 匿名ユーザー

じぇぴりー言ってることがはちゃめちゃではないか。 「タワマンの管理費は、ここ10年の間に10万円を超えると言われています。タワーマンションの場合、大規模修繕にかかる費用が莫大で、1万そこらの管理費ではまったくまかなえていない」 武蔵小杉の「トイレ禁止タワマン」に新たな火種By じぇぴりー(公式)

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP