マンション投資の4つのポイント

Point

少ない資金で始められ、将来の安心も描ける

  • Point1
    入居者の賃料で
    資産形成!

    マンション投資の最大の魅力は、入居者が支払う賃料収入を住宅ローンの返済に充てることで、わずかな資金でも安定的に資産形成ができること。一方で不安な「空室リスク」は、「家賃保証システム」を利用することで解消できます。

    詳しくはこちら

  • Point2
    不労所得を
    確保できる!

    これからの社会は、年金問題など、不安要因が散見しています。そうした将来に備えられるのが、マンション投資です。少ない自己資金で資産形成をスタートでき、住宅ローンの完済後は、家賃収入で不労所得を得ることができます。

    詳しくはこちら

  • Point3
    生命保険効果を
    得られる!

    マンション投資には、生命保険と同じ効果を得られる保険があります。ローン借入時に団体信用生命保険へ加入することで、万が一ご自身に何かあった場合でも、金融機関がローンの残債を完済してくれるので、残されたご家族も安心です。

    詳しくはこちら

  • Point4
    節税に
    役立てられる!

    マンション投資は所得税や住民税の節税にも役立ちます。投資で発生した減価償却費・ローン金利・固定資産税などは、必要経費として認められるので、マンションでの計上赤字を会社員の給与所得と合算して申告することができるからです。

    詳しくはこちら

Point 1&2 
マンションという安定資産を着実に運用賃料で資産形成&不労所得の確保

複数のマンションオーナーになると、資産形成の選択肢がぐんと広がります。複数のローンを金利の低い銀行にまとめたり、他の物件で得た利益でローンを完済して不動産を所有したり、良い条件で売って売却益を得たり――。J.P.RETURNS はオーナー様のライフプランに合った資産運用に、空室リスクに備える「家賃保証システム」の安心をプラスします。

資産運用の選択肢

たとえば、複数のマンションのオーナーで、別々の銀行からローンを借りている状態からスタートすると…。

  • パターン 1繰上げ返済

    複数物件で得た利益で一つの物件の住宅ローンを繰上げ返済すれば、退職金を当てにすることなく早期完済も!

  • パターン 2ローンの借換え

    繰上げ返済によりローンの残高が減ることで、ローンの借換えが可能に。一つの銀行にまとめれば、金利が下がり、管理もしやすくなります。

パターン 3売却益でローン返済

所有物件を好条件で物件を売却できれば、複数物件のローンを一度に完済でき、家賃収入のみに!

さらに!

J.P.RETURNS では、独自の管理サポートや家賃保証をご用意。運用のわずらわしさや空室リスクにも安心です。お気軽にご相談ください。

  • 賃貸管理代行システム

  • 家賃保証システム

Point 3 
投資用マンションが未来への安心につながる生命保険効果

自分にもしものことがあったら――。そんな心配への備えとして、投資用マンションの住宅ローンには、団体信用生命保険が含まれています。ご本人様に万が一のことがあった時や高度障害になってしまった場合には保険会社がローンを完済。残されたご家族にマンションという資産を残すことができるのです。

団体信用生命保険に加入していると……

万が一のことがあった時、
保険会社からローン借入の金融機関に、
保険金としてローン残債が支払われ、
残されたご遺族にご負担をかけず、資産となります。

Point 4 
所得税・住民税などの節約が期待できる節税効果

ここで、節税の仕組みについて見ていきましょう。マンション投資では、減価償却費・ローン金利・固定資産税などが必要経費として認められているので、確定申告をすることで多くの場合、所得税は還付され、住民税は減税になります。またJ.P.RETURNSは確定申告もサポートいたします。

PAGE TOP