欧州高額不動産、韓国マネー流入(写真=ロイター)

2019/04/02

業界ニュース ,

米ゴールドマン・サックスの行員約6000人が今夏、ロンドンの金融街シティーの新しいオフィスへ移る。「プラムツリー・コート」という名の、敷地面積82万6000平方フィート(約7万6000平方メートル)

出展:欧州高額不動産、韓国マネー流入(写真=ロイター) | 日本経済新聞 電子版
続きを読む

記事の要点

  • 韓国の投資家の欧州不動産への関心が急速に高まっている
  • 資金調達コストの低さや高い利回り、為替ヘッジプレミアムなどに魅力を感じているようだ
  • 韓国は2015年に法改正したことで海外投資がしやすくなったことも追い風
  • 18年は英国・ロンドンの不動産が韓国勢の人気の的だった
  • 欧州の商業用不動産への韓国からの投資額は5年間で6倍近くに膨らんでいる
  • 欧州では中国からの投資が活発だったが政府の取り締まり強化で鈍化、韓国の存在感が増している
  • 韓国の国内市場は需要が逼迫しており、ビジネス環境としては厳しい
  • 韓国資本の欧州への流入は続くが、専門家は19年はパリが最も人気の投資先になるとみている

インターネットユーザーの声

「韓国マネー、欧州高額不動産を“爆買い”」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告韓国経済の厳しさを考えれば、国内よりも海外に活路を見出すのは当然の選択肢ではないだろうか。とは言え、そんなに甘い世界ではないだろう。リスクもそれなりにある。しかも、韓国の投資先としてイギリスが人気だったのはとても危険だろう。nnイギリスと言えばEU離脱の問題がある。EU離脱問題によって、すでにイギリスに見切りをつけた企業もあるぐらいだ。そのため、イギリスの不動産投資は厳しい状況となっていくのではないだろうか。By 匿名ユーザー

問題を報告韓国国内の投資家とすれば、海外に目を向けたくなるのは自然な流れだよね。今のままだと韓国経済は下降の一途を辿るのではないだろうか。それだけに、韓国の不動産に投資することを考えれば、欧州の不動産の方が計算しやすいに決まっている。nnただ、欧州も経済状況が特別良いわけではないからリスクは高いだろうな。イギリスのEU離脱問題でゴタゴタしているし、全体的に景気も良いとは言えない。それだけに、韓国の投資家としてはしんどいところだろう。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP