1月の中古マンション価格、東京23区で6000万円超え

2021/02/22

業界ニュース ,
NIKKEI

東京カンテイ(東京・品川)が18日発表した1月の中古マンション平均希望売り出し価格(70平方メートル換算)は、東京23区で6000万円を超えた。都心6区(千代田、中央、港、新宿、渋谷、文京)では前の月比1%超の上昇が2カ月続いており、東京都心部の値上がりが目立つ。都心6区は前の月と比べ1.4%高い8786万円で、2002年の集計開始以来の最高値を更

出展:1月の中古マンション価格、東京23区で6000万円超え | 日本経済新聞
続きを読む

記事の要点

  • 1月の中古マンション平均希望売り出し価格は、東京23区で6000万円を超え、都心6区では前月比1%超の上昇。
  • 東京23区は前月比1.4%高い8786万円で、2002年の集計開始以来の最高値を更新。
  • 首都圏は0.6%高い3862万円となり、5カ月連続で上昇。

インターネットユーザーの声

「東京って中古でもこんなに高いんだ!」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告どこまで上がるのか。By 匿名ユーザー

じぇぴりーたっか それだけ都心の不動産は価値があるんだねぇBy じぇぴりー(公式)

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP