大前研一「脱東京一極集中が進んでも都心マンションは売れ続ける」 東京都心部はマンハッタン化する

2021/04/01

業界ニュース ,
都心マンションは売れ続ける

総務省が住民基本台帳に基づく2020年の人口移動報告書を発表した。東京都の場合、1年間トータルでは転入者が転出者を上回る「転入超過」だったが、転入超過数は前年から約5万人減って、日本で住民登録している外国…

出展:大前研一「脱東京一極集中が進んでも都心マンションは売れ続ける」 東京都心部はマンハッタン化する | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
続きを読む

記事の要点

  • コロナ禍の影響で都心からアクセスのよい熱海、軽井沢、越後湯沢に週末用やテレワーク向けの物件を求める人が増えている。
  • 都心のマンション相場は高止まりしており、特に好調なのは高齢者に人気のある都心3区の小さなマンションと何億円もするハイエンドの新築マンション。
  • 心配なのはオフィスビルで都心の自社ビルを売却したり、本社を縮小する動きは今後も加速、空室率が10%を超えたら不動産の大暴落の恐れがある。

インターネットユーザーの声

「大前研一先生は一昔前まではネットでは逆神と親しまれていた記憶があるので、オフィスの値段は上がり、マンションの値段は下がるということか(違う)。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告そりゃハイエンドは残るだろうね。熱海まで新幹線つかえば東京駅まで45分なのか、三鷹とかわらんな。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP