島根邑南町の飲食店が2カ月連続で休める理由 | 地方創生のリアル

2019/04/16

業界ニュース ,

地方ではいまだに地方再生の切り札に「地元に工場を誘致したい」といったようなことを熱っぽく語る方も、一部には残っているようです。しかし、それ以上に地方には売れ残った産業団地が山ほどあります。かつて、安…

出展:島根邑南町の飲食店が2カ月連続で休める理由 | 地方創生のリアル | 東洋経済オンライン
続きを読む

記事の要点

  • 地方創生は付加価値の高い仕事を増やして報酬を増やす
  • 大都市に隣接しているのに不動産がとにかく安いこと
  • 農林水産業が多く食材などを直接仕入れることによってコスト削減

記事へのコメント

問題を報告かつては地方再生の切り札といえば、工場を誘致することのように言われていましたが、工場で働くひとの数が少なくなってしまい、働き手の減少もあって、なかなか難しくなりましたね。島根県は何度か旅行で訪れたことがありますが、観光スポットも多く空気がきれいでとても素敵な県だと思います。人口1万人程度の街なのに、独自のA級グルメについて努力を続けていることが非常にいいですね。広島市の単価を維持しつつも、家賃が安いからこそ休めるのは素晴らしいですね。By 匿名ユーザー

問題を報告最近、常々思いますが都心部に住むメリットってなんでしょうね。毎月イタチごっこのように稼いで支払ってを繰り替えしている毎日にどんな意味があるのでしょうか。休むことも仕事だとよく言われていますが、実際にそのとおりにできているひとなんて一握りもいないと思います。毎日仕事仕事…でも稼がないと生活できないんですよね。本当の豊かさについて考えさせられます。島根県に行ってみたいなと思います。休むことも成長の為には必要なことだと思います。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する

PAGE TOP