木更津、熱海、伊東が熱い…東京郊外で進む不動産の「勝ち組」「負け組」 コロナバブルで坪単価10万円増も

2021/04/09

業界ニュース ,
東京郊外

コロナの影響で、東京郊外の不動産価格が大きく変化している。地価の下落が続くものの、都市部へのアクセスの良いエリアがピンポイントで高騰している。船井総合研究所のウェブメディア「社長online」から、最近の不動産市況の動向を紹介しよう——。

出展:木更津、熱海、伊東が熱い…東京郊外で進む不動産の「勝ち組」「負け組」 コロナバブルで坪単価10万円増も | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
続きを読む

記事の要点

  • コロナ第一波では東京の入退去に大きな動きはなかったが、リモートワークの普及で快適な住環境へのニーズが高まった。
  • 都心部へのアクセスが良好で、広さに対して安価な内房総エリア(木更津)、三浦半島(横須賀)、伊豆半島(伊東、熱海)の賃貸売買の伸びが顕著に。
  • 二拠点生活を楽しみたいといったニーズから、セカンドハウスとして1000万前後の中古マンションが飛ぶように売れている。

インターネットユーザーの声

「セカンドハウスじゃなくて、便利な田舎に定住してほしいですね。」といった反応、感想が上がっている。

記事へのコメント

問題を報告この手の記事は熱海が多かったけど、伊東まで来るとはねBy 匿名ユーザー

じぇぴりー100km圏内の郊外でも都心へのアクセスの良い所だけが勝ち組。By じぇぴりー(公式)

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP