【北海道が危ない 第4部(上)】中国、釧路を“北のシンガポール”に 「孔子学院」開設計画、不動産の買収…拠点化へ攻勢

2019/04/18

業界ニュース ,

北海道の東部、太平洋岸に位置し、「釧路湿原」と「阿寒」の2つの国立公園を擁する釧路市は、国際バルク戦略港湾に選定された釧路港や釧路空港を抱え、東北海道(道東)の…

出展:【北海道が危ない 第4部(上)】中国、釧路を“北のシンガポール”に 「孔子学院」開設計画、不動産の買収…拠点化へ攻勢 | 産経ニュース
続きを読む

記事の要点

  • 北海道の東部にある釧路は国際バルクの戦略港湾に選定されるなど社会・文化・経済の中心
  • 釧路はアジアの玄関口として国際港湾物流拠点として成長できる
  • 北のシンガポールと言われるように目指す

記事へのコメント

問題を報告中国が釧路を貿易の拠点として本気で考えているとは驚きです。北海道の位置も、それに適した形をしているんですよね。そもそも日本は島国ですから。それを考えるとそんな話が出ても不思議なことではないのですね。南のシンガポール、北の釧路といわれるとイメージが湧きませんが…。北海道は中国から不動産も狙われているといいますし、5年後・10年後はどうなるんですかね。正直日本の先行きが不安です。日本がなくなる日もあるのかもしれませんね。By 匿名ユーザー

問題を報告中国は日本からも近いので何かと話題になりますね。日本以上に行動的な中国の方が多く戦略的に行動できるところは尊敬に値します。中国が釧路に対してそんな考えでいたとは知りませんでしたが、北海道のあり方が変わるのかなと思います。でも玄関口になれば釧路の産業も栄えるんですかね。何が正解なのかは私もわかりませんが、今後の日本を変えるきっかけになるかもしれません。北海道はとても魅力的な県なので、注意してみておきたいと思いました。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する
マンション投資の個別相談

PAGE TOP