AIで部屋自動制御 未来のマンション、川崎に新拠点

2019/11/28

業界ニュース ,

不動産管理の穴吹ハウジングサービス(高松市)は最先端技術を取り入れたマンション生活を提案する拠点を川崎市に開設した。人工知能(AI)が部屋の設備を自動制御したり、ロボットが荷物を部屋まで届けてくれた

出展:AIで部屋自動制御 未来のマンション、川崎に新拠点 | 日本経済新聞 電子版
続きを読む

記事の要点

  • 穴吹ハウジングサービスは、最先端技術を取り入れたマンション生活を提案する拠点を川崎に開設。
  • 人工知能が部屋の設備を自動制御したりロボットが荷物を部屋に届けてくれる暮らしを紹介。
  • マンション管理会社の競争が激しい中、提案力を磨き管理業務の委託に繋げる。

記事へのコメント

問題を報告とても面白い発想で、近未来感がありますね。AIは最近は不動産業界でもモデルルームの販売などで見られますが、実際に生活の中にAIを取り入れた暮らしの提案は初めてです。近年のAIはより実生活の中に取り入れられているものも増えたので、ワクワク感があります。今の生活よりも最先端技術でワクワクしかつ便利な生活を提案できたら、きっと他の不動産よりも魅力的に映ると思います。By 匿名ユーザー

問題を報告マンションや家を買うときは、みんな誰しも新しい暮らしを想像し、夢見ています。その心理に具体的に、そして視覚に訴えられる方法で売る手法をこの穴吹ハウジングサービスは取り入れられているのだと思います。空っぽの部屋や導線、部屋の広さだけを漠然と提案するのでなく、暮らしたらこんなに近未来感のある生活ができて面白いよ、という妄想するのが楽しくなる不動産を提案しているのがとても魅力的だと思ました。By 匿名ユーザー

この記事へコメントする 記事の問題を報告する

監修者

室田雄飛

J.P.Returns株式会社
執行役員 コンサルティング3部 本部長

J.P.RETURNS執行役員。
J.P.RETURNSに入社後、設立初期より営業部を統括、本部長を務める。以降融資担当部長、流通事業部では仕入れ先開拓業務に従事、後に管理業務部等を歴任。数百戸の投資用区分マンションを販売、自身でも6件の不動産を所有、運用している。現在は自社セミナーを始め、様々な会社との協賛セミナーの講師を務めながら、常に世に発信する立場で不動産業に従事している。

【書籍】
日本で最も利回りの低い不動産を持て!
マンション投資2.0

【ブログ】
室田雄飛のモグモグ不動産投資ブログ

PAGE TOP